【 基調講演 】


 13:10−14:30
 
      
基調講演「 こころの痛みにどう向き合うか 」

       

 講 師  


奈良県臨床心理士会の歴史と成り立ち
 臨床心理士会の歴史と活動を俯瞰しながら「こころの痛みにどう向き合うか」を考えます。
 
 川上 範夫 氏 (関西福祉科学大学 教授 / 臨床心理士)
  奈良女子大学文学部教授、九州産業大学特任教授等を経て、現在に至る。

臨床心理士・心理臨床の現状とこれから
 奈良県民とともに歩む臨床心理士のあり方について考えます。

 石田 陽彦 氏(関西大学教授・奈良県臨床心理士会会長 / 臨床心理士)
 内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室 調査・検討委員として活動している。

【 司 会 】
 川ア 圭三 氏(葛城市こども・若者サポートセンター所長 / 臨床心理士)

 當麻町立白鳳中学校にて教諭として在職時に臨床心理士取得。葛城市立中学校での勤務を経て、現職。
  


 分 科 会 


14:45−15:45

  分科会1.「発達障がいのいま〜ペレント・トレーニング〜」


【 講 師 】
▶式部 陽子 氏(帝塚山大学講師 / 臨床心理士、公認心理師)
  日本ペアレント・トレーニング研究会理事として活動しています。

発達障がいのある子どものペアレントトレーニングについて演習を通して共に学びます。


  分科会2.「高次脳機能障害ってなあに?」


【 講 師 】
▶東 奈緒子 氏(独立行政法人国立病院機構 奈良医療センター心理療法士 / 臨床心理士)
 
高次脳機能障害の方の社会復帰のサポートをしています。

高次脳機能障害の特徴や対応、認知症など他の疾患との違いを分かりやすくお話しします。


  分科会3.「ココロとカラダのウェル・ビーイング」


【 講 師 】
▶神澤 創 氏(帝塚山大学教授 / 臨床心理士、公認心理師)

心理療法をベースに、心と身体の健康について考え続けています。

  動きと呼吸を通じて、体も心も柔らかく、気持ちよくなってもらうことを目指します。
  ※軽装でお越しください




 パ ネ ル 展 示 


13:00−16:30

▶奈良県臨床心理士会が行う活動を、パネル形式でご紹介します。